カメラのスイッチャーをスマホで遠隔操作して切り替える

遠隔制御の活用例
カメラのスイッチャーをスマホで遠隔操作

SMARTIO(スマーティオ)は接点を遠隔操作できる装置です。

テレビや映像制作の現場で、編集室やコントロールルームにあるスイッチャーに繋ぎ、映像やカメラの切り替えをスマートフォンやPCから行うことが可能になります。

既存の機材構成はそのままに、スタジオの外から、後付けでスイッチャーの遠隔操作で、制御部分のリモートプロダクション化を可能にします。

スタジオの外や移動中でもスイッチング操作を可能に

例えば番組で、屋上からの街の様子と、スタジオ内の映像とを切り替える場合、SMARTIOをスイッチャーに接続していれば、編集室やコントロールルーム、移動中継車など、スマートフォンからリモートでスイッチャーの制御が可能になります。

現場のタイミングで映像を切り替えられるため、現場に赴く人員や移動時間を節約でき、効率的な運用にも繋がります。

定点カメラのスケジュール管理も

設定したスケジュールになると自動でスイッチャーを操作

定点カメラの映像管理のように、昼間はカメラA、夜間はカメラBの映像を使用するなど、スケジュールに応じたスイッチング操作を求められる場合もSMARTIOで対応が可能です。

SMARTIOは決められた時間や曜日など、設定したスケジュールでスイッチャー操作を可能にするタイムスケジュール機能(タイムスイッチ機能)も備えています。特定の日時に異なるカメラアングルや映像を切り替え、手動操作の手間を省き、効率的で確実な映像管理することが可能になります。

SMARTIOの特徴

  • 操作や設定は、PC / スマホのWebブラウザでアクセスするだけ
  • 操作者の登録(ID / パスワード)や、操作ログが記録されて安心
  • タイムスイッチ機能により、所定の時間でON / OFFするスケジュール設定が可能
  • 接点動作時のメール送信、APIやWebhookを利用したカスタマイズができる

製品情報の詳細はこちらをご覧ください。
SMARTIOの製品カタログはこちらからダウンロードいただけます。

ランニングコストゼロの運用も可能

SMARTIOは既存のスイッチャーの持つ接点入出力端子に接続できるため、遠隔制御のための機材の導入コストを抑えることができます。

また、ローカルネットワーク内での利用にはランニングコストがかかりません。初期投資のみでスイッチャーを遠隔操作する構成を組むことも可能です。

インターネット経由のスイッチャー操作も

SMARTIOクラウドのライセンスを購入すると、固定IPやVPN設定の不要で、手軽に安全にインターネット経由でのSMARTIOの操作を行うことができます。

さらに、Microsoft Azure IoT HubとAPIを活用することで、管理画面のカスタマイズや既存システムとの連携も実現し、多拠点展開なども柔軟に対応可能です。

簡単な操作で誰でも使える

簡単な操作性もSMARTIOの一つの特徴です。特別なアプリケーションをインストールする必要はなく、スマホやPCからWebブラウザを使って管理画面にログインするだけで、直感的に操作を行っていただけます。

SMARTIOの詳細情報や購入方法については、SMARTIO公式サイトをご覧ください。
製品カタログもこちらからダウンロードいただけます。

遠隔接点制御 SMARTIO® スマーティオ

現場へ駆けつけなくも
スマホでかんたん設備操作

製品名称smartioスマーティオ/型番bsmt-r4p4

[幅120mm 高さ25mm]のコンパクトな筐体サイズ

Catalog製品カタログダウンロード

SMARTIOの製品カタログPDFをダウンロードいただけます。
ご購入はお問合せフォームよりご連絡ください。


お電話でのお問い合わせ

03-6407-1866 BH株式会社 営業時間:平日10:00〜18:00 )

設備の遠隔操作や、SMARTIOの購入をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。