電磁開閉器(マグネットスイッチ)を安全に遠隔操作

遠隔制御の活用例
電磁開閉器(マグネットスイッチ)を安全に遠隔操作

SMARTIOの導入により、従来は現場でしか行えなかった分電盤や制御盤の操作が、スマホやPCからリモートで可能になります。作業者は現場に赴くことなく、遠隔から設備機器の操作ができるため、安全性と作業の利便性が大幅に向上します。また、現場への移動時間の削減にも繋がります。

SMARTIOはデジタル入力4点、デジタル出力4点を備えており、1台に複数の電磁開閉器(マグネットスイッチ)を繋ぎ、遠隔で制御することができます。

現場だけでしか行えなかった作業を外からでも

SMARTIOを使うと、電磁開閉器(マグネットスイッチ)に後付けして分電盤や制御盤、操作盤を遠隔操作でき、現場でしか行えなかった作業は事務所や自宅から操作が可能になります。その結果として移動時間が削減され、別の業務へ注力することが可能になります。

例えば、分電盤や制御盤の操作のために工場の端から端まで移動したり、遠く離れた現場まで車で駆けつける場合、1日10分の往復でも、20営業日の場合は1週間で合計2.5時間、1ヶ月で約1.25日分の労務が移動だけで発生しています。少ない時間でも担当者一人が必要になったりする場面では、SMARTIOを使うことでその負担を軽減できます。

SMARTIO設置の効果

例えば、グラウンドにある屋外照明の分電盤へ設置した場合では、以下のような効果が期待できます。

例:敷地内にある徒歩で往復10分の場所にあるグラウンドの照明を遠隔操作

徒歩20分(往復)x 20営業日 x 12ヶ月= 4,800分 = 1日8h労働として年間10日分の削減

例:車で往復30分かかるグラウンドの照明を遠隔操作

車60分(往復)x 20営業日 x 12ヶ月= 14,400分 = 1日8h労働として年間30日分の削減

照明のON/OFFをするためだけの移動が不要に

プログラミングの必要はありません

SMARTIOにはWebブラウザからアクセス可能な管理画面が用意されているので、操作画面を開発する必要は無く、設置後は管理画面からの設定だけですぐにご利用いただけます。SMARTIOを使い遠隔操作するにあたり、プログラムを書く必要はありません。

SMARTIOの特徴

  • 操作や設定は、PC / スマホのWebブラウザでアクセスするだけ
  • 操作者の登録(ID / パスワード)や、操作ログが記録されて安心
  • タイムスイッチ機能により、所定の時間でON / OFFするスケジュール設定が可能
  • 接点動作時のメール送信、APIやWebhookを利用したカスタマイズができる

製品情報の詳細はこちらをご覧ください。
SMARTIOの製品カタログはこちらからダウンロードいただけます。

スマホから電磁開閉器(マグネットスイッチ)を操作する例は、以下の動画でもご覧いただけます。

SMARTIOを使った操作盤の例

大規模な工場や複数の施設にも

何十とある複数の照明や設備の制御が必要な施設や、遠隔地にある複数拠点の電磁開閉器(マグネットスイッチ)を操作する場合も、SMARTIOで対応することができます。

SMARTIOのAPIを使えば、既存のシステムと連携したり、複数拠点を1つのオリジナルの操作画面上にまとめるようなカスタマイズをしていただくことも可能です。

数十拠点の管理・制御や、100台、200台といった電磁開閉器(マグネットスイッチ)の制御には、SMARTIOを用いた現場に合わせたカスタマイズも承っています。

施設や工場のリモート化や遠隔操作に関するご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
SMARTIOの製品カタログもこちらからダウンロードいただけます。

関連記事

遠隔接点制御 SMARTIO® スマーティオ

現場へ駆けつけなくも
スマホでかんたん設備操作

製品名称smartioスマーティオ/型番bsmt-r4p4

[幅120mm 高さ25mm]のコンパクトな筐体サイズ

Catalog製品カタログダウンロード

SMARTIOの製品カタログPDFをダウンロードいただけます。
ご購入はお問合せフォームよりご連絡ください。


お電話でのお問い合わせ

03-6407-1866 BH株式会社 営業時間:平日10:00〜18:00 )

設備の遠隔操作や、SMARTIOの購入をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。